2007年09月05日

さようなら。。。

って、淋しい言葉だね。

だけど形あるものいつかは・・・って言うね。


先日、おせつの日記コメント欄にえみきんが書き込みしてくれて知りました。
えみきんは小学校の時の同級生。

その私達の母校が建て替えの為に取り壊しになるって。。

聞いた時はものすご〜く切ない気持ちになったけど、でも、幸運な事に事前にそれを知る事ができて、昨日、行く事が出来ました。(えみきん、ありがとう!!)


全くどんな様子になってるか分からない。ドキドキしながら学校の前に辿り着きました。

もうだいぶ工事が進んでいて、校庭はおせつが知ってる学校とは違う所みたいでした。


さぁ、いよいよ入ります。

200709041541000.jpg

7日まで一般開放されていたから誰かとすれ違うかな?って思ったけど、居たのは工事の人が沢山。
着々と取り壊しの作業が進められてて、う〜〜ん、やっぱり切なかったです。


だけどね、、、、

中に入ったら懐かしいにおい。
今まで想い出す事のなかった匂いがそこにはあって、なんとも言えない気持ちになりました。
人が一番記憶してるのって嗅覚って昔聞いたことある。
学校の中の匂い、視聴覚室の匂い、それから、階段の手すりの所の感触をいまでも記憶してるんだってこと知りました。


そんな気持ちになりながら、一階、二階、三階とゆっくりゆっくりみてまわりました。

そこは巨大な落書な帳?いや、アート??ううん、メッセージボードになってました。

200709041536000.jpg

200709041534001.jpg

廊下のかべ、黒板、床、窓、トイレ、職員室や校長室の床、壁までぜ〜〜んぶ。
在校生の子達が書いた文字や絵がぎっしりでした!!

200709041529000.jpg

200709041540000.jpg

普段だったら絶対出来ない事、きっと楽しかっただろうな〜、、なんて思いつつも、一個一個読んでいくとさ、なんとも言えない温かい気持ちになったよ。

今までの想い出がぎっしり詰まった絵や文章。「ありがとう」の文字。

200709041529001.jpg

例えば図書室だったらさ、「楽しい本をありがとう」って言って、自分が読んだ本の絵が書いてあったり。

これはちょっと面白かったけどね。
200709041530000.jpg

校舎全体が沢山の子供達の温かさでいっぱい。ありがとうでいっぱい。
そして、この校舎で学んだ人の数はきっとすごくてその分の想い出があって。

ただの建物じゃないんだね。その重みを肌で感じました。


だからね、切ない「さようなら」じゃないなって帰るときは思ってた。

『ありがとう』だって。
posted by おせつ at 04:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。